スポットをかけた時に『ミュートを解除して発言を開始』のポップアップを出さない方法|最初からマイクON

2022年6月19日

リアル会場で演者や司会などのマイクを管理用パソコンで管理している場合、演者マイクはハウリングしないように『OFF』にしている事が多いです。

このような時にリアル会場の演者などのカメラに『スポット』を当てると画面中央に『ミュートを解除して発言を開始』のポップアップが出て困った経験はありませんか?

  • 発表者のパソコンをリアル会場にダイレクトで投影していると画面中央にポップアップ画面。
  • 発表者が間違って『自分自身をミュートを解除する』をククリックしてハウリングする。

この二つがよく問題になります。

今回はスポットを当てても『ミュートを解除してください』が出ない方法を解説していきます。

解決策はマイクミュートを解除してあげる事です。

早速解説していきます。

『ミュートを解除して発言を開始』

Zoom接続図

リアル会場のマイクなどの音声を会場のミキサーから管理用PCに入れることは多いと思います。

この場合どうしても

  • 『スピーカービュー』の時は管理用PCがメイン画面になります。
  • 『ギャラリービュー』の時は管理用PCが一番最初に来ます。

なので発表者用PCカメラをメイン画面に出したい時はスポットをかける場合が多いのですが

ミュート解除ポップアップメニュー

『スポット』をかけると画面センターに

『ミュートを解除して発言を開始』

のポップアップ画面が出ます。

発表者が間違って

『自分自身をミュートを解除する』

をクリックしてしまうことがあります。

こうなるとハウリングがおきて大変な事態になります。

『ミュートを解除して発言を開始』を表示させない方法

『ミュートを解除して発言を開始』を表示させない方法は発表者のマイクを最初から

『ON』

にしておくことです。

これで出ません。

これだけだとハウリングしてしまうので

『Zoomのマイクボリュームを最大限下げる』

Zoom音量設定
  1. 『マイク音量を自動調整します』のチェックをはずす。
  2. 音量を最大限に下げます。

これでミュート状態と同じ環境になります。

この状態でスポットをかけても『ミュートを解除して発言を開始』のポップアップは出ません。

リアル会場でリアル会場のパソコンにスポットを設定する時には有効です。

今回のまとめ

今回はスッポとを設定した時に『ミュートを解除して発言を開始』のポップアップがパソコンに出ないようにする方法解説しました。

簡単な方法ですが会場の発表用パソコンのカメラにスポットを設定する場合にはにはとても有効な方法です。

違う話ですが

最近のアップデートで時間制限が変更されました。

前は2人でZoomミーティングを行う場合無制限でしたが

2人でも『40分』の時間制限がついたので無料のZoomミーティングを使っている方は気をつけたほうがいいです。

今回のブログは以上です。

参考になったでしょうか?

これからもZoomミーティングなどで役立つ情報を解説していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

お問合せ

わからない事や不明な点がありましたら下のコメントからお気軽にお問合せください。

Zoom

Posted by donchan