[Zoom]参加画面が見やすくなる!|画面の開き方4方法パソコン編

2021年3月27日

画面開き方TOP画像

zoomミーティングに参加したとき

  1. 共有画面と発表者のカメラ映像がかぶって見えづらい
  2. スピーカービュー、ギャラリービュー以外の画面の出し方を知りたい。

などを解説するブログです。

Donsmilです。

最近知ったのも合わせて4個の画面の表示の仕方を解説していきたいと思います。
早速始めていきます。

スピーカービュー

スピーカービューにすると下の画像になります。

スピーカービュー画面

文字通り話している人が拡大されて映るモードです。

設定方法

スピーカービュー設定画像
①の左上の表示をクリックする。
②プルダウンメニューのスピーカーをクリックする。

『セルフビューを非表示』

自分の画像を表示させたく無い時は自分の小窓の画面の上をクリックするとプルダウンメニューの中に
『セルフビューを非表示』
があるのでクリックすると自分の画像が非表示になります。

『セルフビューを表示』

自分の画像を表示させたい時は表示されている他の人が映っている小窓の上をクリックするとプルダウンメニューに
『セルフビューを表示』
が出てくるのでクリックすると自分のカメラが表示されるようになります。

この操作は自分自身で見ている画面だけ変わり他の参加者の画面には自分自身は映っています。
もし自分を他の参加者から隠したい場合はZoom左下のカメラをオフにしましょう。

メリット・デメリット

メリット

話している人が自動で拡大されるので手動で切り替えなくてもいい。

デメリット

話している人以外のマイクで音を拾うとそちらが勝手に拡大されます。

話している人以外はマイクをオフにする。

一人の人だけを固定して写しておきたい場合

小窓が並んでいる上でダブルクリックすると固定しておきたい画像がピン留めされ他の人が話しても固定されているので画像は変わりません。

別の方法は固定したい小窓の上でクリックするとプルダウンメニューが出るのでその中の『ピン』を選べば選んだ画像が固定されます。

他の人にもピンを追加して並べたい場合は追加したい画像の上でクリックするとプルダウンメニューが出るのでその中の『ピンの追加』をクリックします。
このような画像になります。

ピンの追加画面

討論など複数人話す時などにも有効です。

ピン留めをしてる人を置き換えたい時は置き換えたい画像の上でクリックするとプルダウンメニューの中に『ピンを置き換える』が出るのでクリックするとピン留する画像が入れ替わります。

ピンの入れ替えメニュー画像

1人をピン留めしている場合 >>>>>>>ピン留めしている人と入れ替わります。
2人以上をピン留めしている場合 >>> 2人のピン留めが両方解除される。
ピン留めは一人の人のみに変わります。

どちらか残したい時はどちらかのピン留めを外してから入れたい人をピン留めします。

ピン留めの解除は個々のファイルで解除するか右上の「表示」のところで一括解除できます。

2、ギャラリービュー

参加者が全員写ります。

ギャラリービュー画像

設定方法

①右上の表示をクリックする
②プルダウンメニューからギャラリーを押す。

メリット・デメリット

メリット
全ての参加者の顔を見ることができる。

デメリット
あまり多くの参加者を映すと小さくなって見えにくくなる。

話している人に黄色い枠ができます。

カメラで参加していない人を消す方法

ギャラリービュー画像
上のようにカメラをオンにしていない人は黒画面になります。

カメラで参加していない人は画像に出していても見にくいだけなので消したいと思います。

ホームの歯車マークかZoom画面の『ミュート解除』か『ビデオの開始』の山を押して設定画面をクリックする。

設定の出し方画面

Zoom画面bの設定の出し方画面

このどちらかからで設定に入れます。

設定に入ったらビデオタブを押します。
ビデオ設定の中の『ビデオ無しの参加者を非表示』を押してチェックマークを入れます。

これでビデオ無しの参加者は画面から消えます。
ビデオ無しの参加者もビデオがオンになると画像は自動的に出てきます。

ギャラリーに映し出せる人数

      1. パソコンの場合

    デフォルトの設定だと25名。
    パソコンの性能がCorei7以上だと49名まで一つの画面に映すことができます。

    1. I-Padの場合 …………….9名
    2. スマートフォン……….4名

パソコン表示人数をかえる

49人に変える設定方法

先程のビデオの設定を開く。
ビデオの設定になっていない場合①のビデオを押す。

ビデオ設定の下の方に行くと人数設定項目がある。
②の49名の参加者のボタンを押す。
『49名の参加者』がクリックできれば49名まで映し出すことができます。
反対にパソコンのスペックが満たしていない場合は『49名の参加者』の色が反転して押せないようになっています。

この人数より多くなった場合別画面ができます。
次の画面に参加者ファイルができているのでスワイプやクリックで見ることができます。

又、参加者のファイルをドラッグ&ドロップで表示位置の順番を変えることもできます。

左右表示モード

今度は左右表示モードの説明に入りたいと思います。

全画面表示で発表者が共有をかけると発表者のカメラ映像がなくなります。
発表者側は原稿を見ながら発表できるのでいいいですが、見ている側はやはり発表者の顔を見ながら発表を聞きたいものです。

このような時におすすめなのが左右表示モードです。

左右表示モードにすると右側に発表者のカメラ映像左側に発表者の資料が写ります。

メリット・デメリット

メリット
発表者の顔が見えてライブ感がある。

デメリット

資料の大きさが小さくなる。

なのでこれで見る時はなるべく大きなモニターTVで見ることをお勧めします。

設定方法

設定の方法は2種類あります。

表示左右表示モードの表示

発表者が共有をかけた後に画面右上の『表示』をクリックする.

プルダウンメニュー中に

    • 標準
    • 左右表示:スピーカー
    • 左右表示:ギャラリー
    • 全画面表示の終了

ができます。
スピーカーかギャラリーを押します。

左右表示モードの自動設定

これか説明する設定にすれば発表者が共有をかけた時に自動で左右表示モードに切り替わります。

左右表示自動設定

設定の中の画面共の有タブをクリックします。
その中の赤い四角で囲んである
『左右表示モード』にチェックを入れておきましょう。

発表者が共有をかけると左右表示モードに自動的に変わります。

【最新プチ情報】
センターバー表示

最近知ったのですが左右表示モードで資料とカメラ映像の間のバーを左右に動かすと画面の比率が変わります。
前からあったのかもしれませんがプチ情報でした。

デュアルディスプレイモニター

パソコンとモニター

最後にご説明するのがデュアルディスプレイモニターです。
Zoom会議で資料を見る機会が多いようならこれが一番楽です。

パソコンとモニターを接続して片方の画面に資料、もう片方の画面に発表者のカメラを映す方法です。

メリット
大きな画面で発表者資料を見ることができる。
設定と接続をしておけば発表者が共有をかけると自動的に変わる。

デメリット
接続や設定をするので手軽さが消える。
モニターにお金が多少かかる。(家のリビングにあるテレビでOK)

デュアルモニター設定方法

パソコンとモニターTVをHDMIケーブルで接続しましょう。

次にZoomとパソコンで設定が必要です。

まずはZoomの方の設定を開きます。
デュアルモニター設定画面

設定画面の一般のタブをクリックして一般設定を開きます。
『デュアルモニターの使用』がありますのでチェックを入れます。

パソコン側の設定

パソコン側で画面の拡張モードを設定する。

[Windows]
左下のWindowsマークを押しながらpマークを何回か押して
『拡張モード』
を選ぶ。

[Mac]
command押しながら輝度を下げるを押すと拡張モードとミラーリングモードが切り替わります。
拡張モードを選ぶ。

以上で設定はおわりです。

後は発表者が共有をかけた時にはモニターに資料、パソコンに発表者のカメラ映像が映るようになります。

まとめ

今回パソコンで参加する場合の参加者の画面の設定について解説してきました。
これから仕事でもプライベートでもZoomは増えていくと思いますが画面の出し方によって見やすさも変わってきます。
パソコンしかできませんが最後のデュアルディスプレイモードが資料、講師の顔両方大きく写せるので一番のお勧めです。

ちなみに最近Zoomを開催していて起こったことは
初めリハーサル中には有線のネット回線の速さが650Mあったのですが本番始まったら挙動不審、相手からそちらの画像消えたんだけど、と電話の嵐、急遽ポケットWi-Fiでつなげてある方に画像を変更してその場をやり過ごしました。有線の方のスピードを測って見たら2Mに統計情報を見たらレイテンシが110msジッターが50msになっていました。
ホテルの回線を使っていたのでホテルにお客が入り稼働したので最終的にホテルのインターネットの最終的な出口に負荷がかかったのでは無いかとの結論に達しました。

Zoomを行っていて思うのがパソコンから先のインターネット部分に何かあっても対処のしょうが無いことです。

なのでどうしても失敗したくできないZoomではポケットWi-Fiや専用回線(ほぼほぼ無理ですが)を使って何かあってもいいように逃げ道を作っておく必要があります。

以上画面を写す4方法解説させていただきました。
Zoomライフの参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。