Soundcraft NotePad-8FX| 操作方法徹底解説

2021年1月4日

Donsmileです。

Soundcraft NotePad-8FXの使い方を徹底解説するブログです。

さっそくですが使用方法を解説していきます。

メリット・デメリット

  1. メリット
    • 操作がシンプル
    • 価格が安い
    • マイナスワンが簡単に作れる
    • USB接続なので接続が簡単
  2. デメリット
    • 説明書が英語
    • driverをダウンロードするサイトが英語
    • ドライバーを入れないとZoomの音を取り出せない。

Soundcraft NotePad-8FXのドライバーをパソコンに入れよう

Soundcraft NotePad-8FX使ってパソコンの音をとりだす時にドライバーが必要になります。
もしパソコンにドライバーを入れたくない場合はパソコンのヘッドフォン端子から出力することもできます。

ドライバーのダウンロードの方法

ドライバーのダウンロード先は
[Soundcraft NotePad-8FX] です。

Soundcraft NotePad-8FXのサイトに行くと下の写真のように表示されます。
パソコンの機種にあったWindows、Appleの赤く囲んである場所をクリックしてドライバーをダウンロードする。

ダウンロードサイト

【Windows】インストール編

ダウンロードしたファイルが「Zip」ファイルなので解凍する。

解凍方法
解凍したファイルの中に下記写真の「Notepad_Firmware-Driver-ControlPanel_Installer_V2.0.4_Windows .exe」があるので指示にしたがってインストールする。
言語の選択
言語の選択画面ですが日本語がないののでそのまま英語でOKを押す。

途中でショートカットとアイコンをデスクトップに作るか聞かれるので作成する場合チェックを入れてNextを押す。
ショートカット作成
途中でUSB接続のセットアップ画面が立ち上がるのでNextを押す。

最後Finishを押して終了です。
終了画面

入れ終わるとデスクトップにSoundcraft NotePad-8FXのアイコンができます。
デスクトップアイコン
ドライバーのインストールは以上です。

ドライバーの設定

  1. Soundcraft NotePad-8FXとパソコンをUSBケーブルで接続する。
  2. デスクトップにできたSoundcraft NotePad-8FXのアイコンをクリックする。

Audio Routingを開きプルダウンメニューの中のMix L+Rを選ぶ。
設定画面

Windows版ドライバーの設定はこれで終了です。

【Mac】インストール編

ドライバーのダウンロード先は
[Soundcraft NotePad-8FX] です。
ダウロードサイト
りんごのマークがついた『Notepad Firmware and Control panel Setup-Applle』をクリックしてファイルをダウンロードする。

Macダウンロードしたファイル
フォルダーの中に2個のファイルができます。
まずは
『Soundcraft USB Audio control panel 2.0.4.pkg』
をクリックしてインストールします。
インストール-1
『続ける』
をクリックしてインストールを始めます。

インスト同意画面
『同意する』をクリックしてインストールを続行します。


『インストールが完了しました』の画面が出るので閉じる。

次に
『Soundcraft USB Firmware Update Utility.pkg』をインストールします。
先ほどと同じ画面が出るので順番にクリックしていきます。

最後に
『インストールが完了しました』の画面が出るので閉じる。

以上でNotepad-8Fxのドライバーのインストールは終了です。

アプリケーションフォルダーの中にファイルが2つできます。
インスト後の画面

ドライバーの設定

  1. Soundcraft NotePad-8FXとパソコンをUSBケーブルで接続する。
  2. アプリケーション内にある『Sound USB Audio control panel.app』をクリックする。

Audio Routingを開きプルダウンメニューの中のMix L+Rを選ぶ。
設定画面

Mac版ドライバーの設定はこれで終了です。

Soundcraft NotePad-8FX接続と使用方法

これからSoundcraft NotePad-8FXの接続と使用方法について解説していきます。
使用用途によって接続方法、使用方法が変わってきます。

なので今回はZoomなどの双方向の会議系、YouTubeなどの一方向の配信系にわけて解説していきます。

Soundcraft NotePad-8FXの接続方法

Soundcraft NotePad-8FX

  1. マイク入力にマイクを入れます。
  2. ライン入力にCD、PCなどの音を入れます。
  3. USB接続端子とパソコンをつなぎます。
  4. AUXアウトをアンプなどの拡声する器械につなぎます。

Zoom開催時のSoundcraft NotePad-8FX操作方法

Zoomなどの使用方法

Zoomなどの会議系の両方向で配信する場合の操作方法を解説していきます。

Zoomの設定方法

Soundcraft NotePad-8FXを接続した時にZoom内の設定を変えないと音が出なかったり受け取れなかったりします。
Zoom内の設定の方法は

    最初にログインしたトップ画面の左上の歯車をクリックする。

  1. 左のオーディオをクリックすると右側が音の設定画面に変わります。
  2. 下の図のスピーカーとマイクの赤い四角で囲ってあるプルダウンメニューが自分のつながっている機器に変わっているか確認してください。
  3. 変わっていないようでしたらスピーカー、マイクのプルダウンメニューから選択してください。


反対にこのプルダウンメニューに接続機器が出てこない場合、Zoomが接続機器を認識していないことが考えられます。

  1. 接続機器のドライバーソフトが入っているか確認してください。
  2. ケーブル不良、PC側のUSB端子の不良も考えられますので確認してみてください。

最初に会場に流す音量を決める。

    1. AUX列の一番右はし(AUX Master)のツマミを右に回して線の位置を上向きぐらいにする。
    2. AUX Masterの左隣のつまみを右に回してZoomからの音量を調整する。
    3. Zoomからの音が小さい場合、①、②のつまみを右に回して音量を調整する。
    4. マイク、CDなど入力した列のAUXアウトのつまみを右に回して外部に送る音量を調整する。
    5. 音量が小さい場合各入力したチャンネルのGAINを右に回し音量を調節します。
    6. マイク入力の場合イコライザーでハウリングしないようにイコライジングする。

Zoomに返す音の調整を行う。

  1. 各入力チャンネルのマイク・ライン入力音量を上げるとZoomに音が流れます。
  2. Zoom内の音量を確認する。
  3. マイク・ライン入力音量(Zoomに戻す音量)調整つまみの右端の赤く囲んである⑨のつまみは回さないようにしてください。
    つまみを回すとZoom内から来た音が又Zoom内に戻るためハウリングやこだまのようにきこえるばあいがあります。

この一連の操作でマイナスワンができハウリングが起きにくくなります。
ハウリング、マイナスワンについてはZoomの音響接続は大丈夫?| Zoomの接続を解説
をご覧ください。

YouTubeLive開催時のSoundcraft NotePad-8FX操作方法

OBSの設定方法

YouTubeLiveの定番ソフトといえば『OBS』です。
『OBS』のダウンロードサイトは
OBSダウンロード】からいけます。
OBSインストール画面

Windows、Mac、Linuxのマークがあるのでパソコンにあったアイコンをクリックする。

右側にダウンロードインストラーアイコンがあるのでクリックする。

ダウンロードしたファイルをクリックして『OBS』をインストールする。

Soundcraft NotePad-8FXをパソコンに接続したときに『OBS』の設定を変えないとYouTubeに送れません。

  1. インストールした『OBS』画面を開く。
  2. OBS初期画面
    赤くかこってある赤い四角の中のプラスマークを押す。

  3. プルアップメニューが出るのでリストの下から2番目の『音声入力キャプチャー』をクリックする。
  4. 音声入力キャプチャーを選んだ後の設定画面です。
  5. 入力ソース選択画面
    の既存を追加にチェックを入れます。
    のマイクを選びます。
    のOKOKを押します。

  6. ソースの中にマイクが入った画像
  7. ソイースフォルダーにソースが入った画像
    ソースの中の赤で囲んであるマイクをクリックする。

  8. マイクのプロパティ画面
  9. マイクのプロパティー
    マイクのプロパティー画面が出るので既定をクリックすると『Soundcraft NotePad-8FX』があるので選びます。

  10. Notepad-8FXとOBSがつながった画面
  11. Top画像ー2

    これでOBSとNotepad-8FX接続は終了しました。
    『OBS』に音が流れるようになったとおもいます。

『OBS』と『YouTube』との接続

  1. YouTubeLIVEに接続します
  2. YouTubeライブに配信
    赤くかこってある『ライブ配信を開始する』をクリックします。

  3. 『Studio』画面になる
  4. Studio画面
    赤でかこってあるコピーをクリックする。

  5. 『OBS』に戻る
  6. OBS設定ボタン
    右下の『設定』を押す。

  7. 設定画面が開く
  8. 設定画面
    左の『配信』をクリックして右のストリームキーのところに先ほどYouTubeでコピーした『ストリームキー』を貼り付ける。

  9. 『OBS』のトップ画面に戻る
  10. Top画面配信開始
    『配信開始』ボタンを押す。

  11. YouTubeのLive画面にのどる
  12. Live配信画像
    Live配信ができるようになります。

    ※Live配信のチャンネルを解説してから1日開けないので、前もってLiveチャンネルは作っておくほうがいいです。

    youtubeLiveなどの操作方法

    Notepad画像
    youtubeLiveなどの一方向で配信する場合の操作方法を解説しいていきます。

    先ほどZoomの操作方法の違いは⑨のボリュームをあげるかどうかです。
    ⑨のボリュームをあげるとパソコンの音がそのまま配信の音に乗っていきます。

    なのでパソコンでゲーム実況やBGMを流す場合などの場合便利です。

    YouTubeLiveに送る音の調整を行う。

    1. 各入力チャンネルのマイク・ライン入力音量を上げるとYouTubeに音が流れます。
    2. YouTube内の音量を確認する。

    まとめ

    Soundcraft NotePad-8FXの使い方は以上です。
    これでZoom、YouTubeで使用できるようになったと思いおます。
    エコーなどもかけれるので『歌ってみた』でも使えます。
    これ以外にもYAMAHAの定番AG03などもあります。
    これからZoon、YouTubeなどネットミーティングを開催するには一台あってもよさそうです。

    参考までに
    Soundcraft Notepad-8FX ミキサー
    はAmazonで購入できます。

    以上今回はSoundcraft NotePad-8FXの使い方をご説明させていただきました。
    最後まで読んでいただきありがとうございました。

     

    経歴

    Donsmil

    このブログでは30年イベント業界に働き続け、7か月Zoomミーティングにかかわってきた私がZoomミーティングの音響、映像のトラブルの対処方法、ちょっとした小技についてわかりやすく解説していきたいと思います。
    どうぞこれからもよろしくお願いします。